Web Isolation Service

日に日に脅威を増すサイバー攻撃。セキュリティを破る”脅威”はそのほとんどがWEBから発生します。Menlo Securityはまったく新しい”Isolation(分離)”テクノロジーによって、安全なWEBブラウジング環境をご提供します。

WEBからの脅威が増大

独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2015年第4四半期(10月~12月)]

近年、セキュリティに対する脅威は至る所で大きくなっています。 図で示すとおり、脆弱性関連情報のほとんどがウェブサイトの脆弱性コンテンツによるものです。企業のセキュリティ対策を万全にするためには、インターネットから”脅威”の進入を防ぐ出口対策が必要不可欠です。Menlo Securityではまったく新しい、"Isolation(分離)"テクノロジーにより、 マルウェアが存在しない安全なWebブラウジング環境をご提供します。

Menlo Securityとは

コンテンツの脆弱性を突く攻撃を排除、無害化

アイソレーション(分離)技術のMenlo Security Isolation Platform(MSIP)を用いて、エンドポイントから分離された専用コンテナのDisposable Virtual Containers(DVC)内でコンテンツを実行し、Adaptive Clientless Renderingから安全なレンダリング情報のみがデバイスに送られます。これにより管理者は、より広域なインターネット利用をユーザに提供しながらも、マルウェアなどの脅威リスクを排除することが可能になります。

Menlo Securityの特長

クラウドサービス

  • 短期間の安いコストで利用開始が可能
  • トラフィック量を気にせずに一定料金で利用が可能
  • 最寄のクラウドDCにアクセスすることで、いつでもどこからでも利用可能

アクセス分析

  • 管理ポータルにより、詳細な利用状況の把握が可能
  • 利用状況をグラフィカルに表示

Safe View

  • Microsoft Officeドキュメント、PDFは安全な形式に変換し、セキュリティを担保

クライアントレス

  • 現在の環境にエージェント等のインストール不要
  • ブラウザをそのまま利用可能
  • OSやデバイスの種類を問わず利用可能

Menlo Securityは「分離」する

従来のシグネチャ型やブラックリスト型のWebセキュリティ製品のような「検知」や「回避」といった手法とは異なり、Webサイトからエンドポイントを完全に「分離」します。

Menloを用いたWEBアクセス

新たなセキュリティコンセプト「アイソレーション(分離)」

  • コンテンツを「コンテナ」と呼ばれるマイクロVMに閉じ込めて実行する
  • コンテンツにマルウェアが存在してもコンテナ内でしか活動できず、システムへは影響を与えない
  • そもそも検知を目的としていないため誤検知(false positives)も見逃し(negatives)も発生しない
  • 「完璧なセキュリティ」を実現できる可能性

洗練されたデザインのインターフェース

わかりやすい管理UIにより、管理者はユーザーが多くなっても、直感的な操作を実現することができます。

誤検知や見逃しはありえない 検知ではない完全な「分離」を実現
エンドポイントソフト不要 スケーラブル、メンテナンス不要、低TCOを実現
ユーザーの使い勝手を犠牲にしない ユーザーに気づかれるような遅延は発生しない
デバイスの種類に依存しない すべてのハードウェア、すべてのOS、すべてのブラウザで利用可能
導入や設定もスムーズ ブラウザのプロキシに設定するだけ

GFDにお任せください

About us

GFDはITインフラやサイバーセキュリティに精通したエンジニアを多く抱えるIT技術会社です。ITシステムのセキュリティ強化のためにMenlo Securityを導入をご検討の方は、ぜひとも弊社にご相談ください。セキュリティに不安を抱える経営者、IT担当者の皆様が求めるソリューションを提案いたします。

お問い合わせ